♪君とあなたをマキこんで 12.13

*********************
071.gif2011年12月13日(火曜日)
『君とあなたをマキこんで』

at 渋谷UPLINK FACTORY
住所:〒150-0042東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F(tel.03-6825-5502)
ライブ:本夛マキ
トークゲスト:石橋鉄志(FormlessDesign) / 北村祥子(主婦/フマール料理研究所)

☆時間 :19:30開場/20:00開演
★料金 :¥2,500(1drink付き)

【チケット予約中!】
UPLINKのHPも見てみて下さいね♪
◎このイベントへの参加予約をご希望の方は、
(1)お名前
(2)人数 [一度のご予約で3名様まで]
(3)電話番号
以上の要項を明記の上、
件名を「予約/ 12/13、君とあなたをマキこんで」として、
factory@uplink.co.jpまでメールでお申し込み下さい。
問)UPLINK 03-6825-5502

*********************
♪今年最後のワンマンライブは渋谷のUPLINKさんで行います。
この日はいつものライブに加えて、少し違うものにしたいと考えています。
みんなで今年を振り返り、そして来年を見つめていけたらいいなと♪

3/11に東日本大震災が発生し、被災地では今もなお復興に向けてたくさんの方たちが懸命に行動してらっしゃいます。
そして、決して遠くない地に住むわたしたちも、現地の方たちに役立てるように、分かち合えるように何かできないかと自分たちなりに行動し考える日々だと思います。
まだまだこれからも、復興に向けて一緒に歩んでいきたいと考えています。

震災後、東京近辺に住むわたしたちの生活と意識も変わりました。
時間が経つにつれて、不安は薄まったように見えるのですが、本当は答えのでない日々はずっと続いている気がしています。

そのなかでも、お子さんを持つ親御さんの心配事は尽きません。
震災被害に関連して、これからも長く長くわたしたちの生活の中につきまとうのは「放射能の問題」だと思います。
主義・思想に捕われすぎずに色んな意見を話し合えるように、子どもたちやみんなが元気で安全に過ごせるように、わたしたち大人は何を考えて生活していけばよいのか。

きっとこの日から大きく何かが変わることはなくても、色んなことを少しでも共有していけるようにと願いを込めてこのイベントを企画しました。

このような難しい問題を気軽に話し合って、ひとりひとりが日常的に考えていくことが大切なのではないかと思っています。

今回、わたしのお友達を2人、トークゲストにむかえます。
ひとりは、渋谷区在住のお母さんで、元々ケータリングや食にまつわるお仕事をしていた北村祥子さん。
もうひとりは、東京在住のデザイナーさんで、震災直後ボランティアにも参加した石橋鉄志さん。

決して専門家同士のトークではない、しかし今までの問題に直面した、目線の高さが同じのお友達をマキこんで、お客さんと一緒に時間を共有出来ればいいなと思っています。

わたしはこの日が、向き合うことに向き合って、そのうえで明るく前向きにこれからを生きていくための1つの機会にしたいです。

…ちなみにこの日、私の誕生日です。
ひとつ年を重ねるこの日が、このライブであることを大切に想いながら、ライブとお話をしたいと思っています!どうぞ皆さま、気軽に足を運んでいただけますように。

こころよりお待ちしております!                     本夛マキより

ーーーーーーーーーーーーー
石橋鉄志さん
イラストレーター田中カオスとともにデザインユニットFormlessDesignとして、
プロダクトデザインを中心にウェブ、グラフィックなど 幅広く活動中。
無駄がそぎ落とされ、シンプルなものが主流となる現代の中で、あえて多くの無駄、
遊びを含む物を商品として展開。それらと暮らすこ とで、より充実した生活が生まれてくることをめざす。
併せて、セルフプロダクションのデザイナー集団novelaxのメンバーでもあり、
デザインイベントの企画、直販ストアーの運営なども行う。
またカラオケボックスをリノベーションしたシェアハウス「パブエンジェル」のメンバー。
ーーーーーーーーーーーーー
北村祥子さん
夫と息子と共に東京都渋谷区に住む。出身地は宮城県仙台市。
まだ子供の頃は、身体が弱くぜんそくもひどかったため、母親や姉が「まずは食 事から」と無農薬野菜を使った料理を作ったり、蔵王に畑を持ち、自分たちの手 で野菜を育てたりと、自然とオーガニックと親しみはじめました。大学入学後 は、たなかれいこさん(質の高いオーガニック料理に定評がある方)の料理教室 へ。8年程学びました。出産後、中村成子先生(日本のお母さんの味を伝える。 奥出雲にある一味同心塾の館長)との出会いがあり、仁多米の美味しさを知ると ともに、実際にお米作りに参加(田植えや稲刈りも)するため、奥出雲には時折 入るようになりました。
色々な経験や、沢山の人達との出会いの中で多くのものを得ました。
そして、私達の身体にぴったり合う、本当においしい料理を人に伝えたくて、 2007年「フマール料理研究所」を設立。
ケータリングサービスや「食べるイベント」の開催をしてきました。
ーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by 39hondamaki | 2011-11-16 00:00 | ワンマンLive日程 | Comments(0)


<< ぶわり3人、仙台といわきの旅。 ♪イベントライブ情報です♪ >>