人気ブログランキング |

ボリューム?の目盛り

c0180841_34492.jpg
ふと思ったのですが。

例えばライブ演奏のテンションや気合いの数値が最大で100%とします。
100%のライブは、興奮状態もう汗だくだくです。

アナム&マキの時代はとくに、

「私は汗をかかなきゃライブをやった感じがしない!」
とさえ思っていました。

…なんか馬鹿っぽいなー。
とほほ。
はずかしいけど、本当にそう思っていました。


集中して、感覚を研ぎすまして、いわゆる闘いに挑むような気合いを入れていたかと。
まあアナマキはセッションユニットでしたからね。
相手がいるいないでテンションは大きく変わりますものね。

いい意味でも悪い意味でも力が入っている状態。

汗をかいて、しゃかりきに演奏して歌って。
それはそれでよかったと思います。

悪い言い方をすると、チカラ技で勢いを作りだしていた部分があるかと思います。
そうすることに、より他人に想いが届き、演奏もうまくいくもんだと。
ワッショイとね…。

そういうのも好きですし、今も多少そういう自分がいるのも否めないんですが。


でもね、ひとりになって、ライブをたくさん重ねたり、色んな方のライブを拝見したりしていると、「そうでもないんだよなー」と改めて思うようになったかな。


つまり、わかりやすく言うと、北風と太陽のイソップ童話のような感じです。
大きな力を出しすぎても通り過ぎてしまうことがあるんだーと。


きっと80%くらいがちょうどいい、なんて思い込んでいましたが、それも違うかも、とさえ今は感じているのです。



『30%の魅力』

コレです。


言葉にするのが難しいのですが、30%でももちろん気合いは入っているし、集中しているんだと思いますが、とにかくボリュームの目盛りが小さい感じ。

『30%』のボリュームだからこそ、聴こえてくる思いや音があるんじゃないのかなあ、と。


いや、でも音量の話ではないんですよ。


なんだろうなー。

うまく言えないなー。

冷静でいるってことなのかな。
・・・そうなのかな。


そうなのかも。

気合いだけで演奏しないってことかな。

余裕を持つ、ということなのかな。


『30%』の魅力も少し追求したいなあ、と思った最近のワタシです。

心おだやかに、水面が大きく動くことのない、すーーーっとした静穏な表現力。
何だかとても憧れます。




きっと、もっとギターや歌が上手くならないとだめなのかもな。

それだけの話かもしれません(笑。
by 39hondamaki | 2012-02-20 03:08 | 日常のアレコレ | Comments(1)
Commented at 2012-02-20 03:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< ♪生音にうたlete 3.23 下北沢ライブ、2/2と2/5♪でした >>